に投稿

好意を寄せられていた男性を好きになったら、実は彼女がいた話

前職の職場で出会った年下の男性の話です。
私が派遣社員として配属された課にいた正社員の男性で、営業のエースでした。
私と直接一緒に仕事をする機会はなかったものの、飲み会では必ず近くに座るし、
酔っぱらってくるとボディタッチが多く、他の女性にはしないのに私にだけしてくる感じでした。

また、ことあるごとに「どんな男が好きなんですか?」とか私の好みを探ってきたり、
髪をおろすと「その方が似合ってますよ」とわざわざ言いに来たり、
「あなたが笑ってくれるなら何でもします」とかキザなセリフを言ったり、
あげくの果てには忘年会で「あなたとセックスしたいです」なんて言う始末。

チャラチャラしてそうに思えますが、仕事で困っていると親身に話を聞いてくれたり、
こちらからお願いする前に気を利かせて色々動いてくれるので、そういうやさしさや男らしい部分にだんだん惹かれてしまいました。
あまりにも私に好意があるような言動・行動をするので、このまま付き合えるのかと思っていましたが、ある日「彼女とめっちゃうまくいってます」的な発言が。

え、彼女いたんですか?と思わず唖然としてしまいました。
彼女いるのに他の女性にこういうことする男って最低です。
もう好きになってしまったのが辛いですが、その方とは距離をおくようにし、会社も辞めました。

夫が独身と偽って浮気している